WordPressのユーザー権限の種類【管理者/編集者/投稿者/寄稿者/購読者】

WordPressのユーザー権限

WordPressで設定できるユーザー権限は5種類

1番権限のある「管理者」から順番に解説していきます。
それぞれ権限の特徴を生かせば、クライアントワークに役立ちますので理解しておきましょう。

1.管理者

管理者はすべての権限を持っているマスターです。

2.編集者

編集者は【記事の投稿】【カテゴリー作成】【タグ作成】が可能。
また、他のユーザーが作成した記事を削除することも可能です。
【寄稿者】が投稿したレビュー待ちの記事を公開する権限を持っています。
【編集者】は投稿に関してほぼすべての権限を持っていると言えますね。

3.投稿者

投稿者は【自分で書いた記事】を【自分で公開】することができます。
また、【メディア】の使用が可能です。
自分で投稿した記事は、編集や削除ができますが、他のユーザーの記事に対してはできません。
また、レビュー待ちの記事を公開する権限もありません。自分の記事に対してだけ権限を持っている感じですね。

4.寄稿者

寄稿者は記事を投稿することができますが、自分で公開することはできません。
【レビュー待ちとして送信】というボタンを押して、【編集者】または【管理者】が承認しないと公開になりません。
また、【メディア】を使用ができないので、画像を使用することができません。

5.購読者

購読者は、記事を閲覧することができます。
記事にコメントすることはできますが、記事の投稿や編集はできません。
購読者は、自分のアカウント情報の編集ができます。

まとめ

複数のメンバーで作業する時に役立つ!
お客様がブログだけ自分で編集したいとなれば【投稿者】。
受注しているサイトの一部分だけを他のメンバーに編集して欲しい時は【編集者】といった感じで、制御するのに大変便利。
ユーザー権限を活用していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です