【現役講師が解説】オブジェクトのロックと隠す|Illustrator

イラストレーターのロックと隠す

keeta

イラストレーターで作業していると、「この背景動くと邪魔だな~」とか「このオブジェクトが邪魔で後ろのオブジェクトが選択できない」などといったことがよく出てきます。
そんな時に一時的にオブジェクトをロック「固定」したり、隠したりすることで、思い通りのスムーズな作業が実現できます。
「ロック」と「隠す」を覚えよう!
この記事内容を実行し、習得できれば、あなたの作業スピードがアップします。

イラストレーターの「ロック」

例えば、背景のオブジェクトとして、赤色の四角を作ったとします。
背景は作ってしまえば,しばらく動かしませんし、他の作業をするのに、背景がいちいち反応されてはとても邪魔です。
なので、そのようなオブジェクトは、イラストレーターの「ロック機能」で一時的にロックしておきましょう。

ロックの操作方法

とても簡単です。ロックしたいオブジェクトをまずは移動ツールで選択します。
選択した状態で「command + 2」を押すとロックがかかります。

ロックのショートカット
Mac OS command + 2
Windows Ctrl + 2

「command」のボタンは押しっぱなしで、そののちに「キーボードの2」を押す。という感じです。

ロックの解除

ロックのされたものは、「解除」をしてあげないと動かせません。
ロックの解除は、「command + option + 2」

ロック解除のショートカット
Mac OS command + option + 2
Windows Ctrl + Alt + 2

「command + option」のボタンは押しっぱなしで、そののちに「キーボードの2」を押す。という感じです。

ロックしたものは一気に現れる
複数のオブジェクトをロックすことは可能ですが、ロックしたものを解除すると、それまでにロックしたモノが一気に解除されます。
あくまで一時的にロックする機能だと覚えておきましょう。

イラストレーターの「隠す」

この「隠す」という機能は、中級者が使うテクニックかもしれません。
例えば、二層に重なっているオブジェクトがあるとします。
その二層の下にあるオブジェクトのみを選択したいとき、上のオブジェクトが邪魔になってしまします。
そんなときに、「その上にあるオブジェクトを一時的に隠す」ことで二層の下にあるオブジェクトを選択することができます。

隠すの操作方法

とても簡単です。隠したいオブジェクトをまずは移動ツールで選択します。
選択した状態で「command + 3」を押すとロックがかかります。

隠すのショートカット
Mac OS command + 3
Windows Ctrl + 3

「command」のボタンは押しっぱなしで、そののちに「キーボードの3」を押す。という感じです。

隠すの解除

隠されたものは、「解除」をしてあげないと動かせません。
隠すの解除は、「command + option + 3」

隠す解除のショートカット
Mac OS command + option + 3
Windows Ctrl + Alt + 3

「command + option」のボタンは押しっぱなしで、そののちに「キーボードの3」を押す。という感じです。

隠したものは一気に現れる
複数のオブジェクトを隠すことは可能ですが、隠したものを解除するとそれまでに隠したモノが一気に現れます。
あくまで一時的に隠すこと機能だと覚えておきましょう。

イラストレーターのロックと隠す まとめ

keeta

このロックと隠す機能はこ、の記事では何となくの理解でOKです。
あなたが日々イラストレーターを使っていると、ふとこの二つの機能の便利さに気づくことになります。
その時にこの記事にまた戻って見直してみてください。